脱毛は新宿でするべき
2018年10月9日

レーザー脱毛で日焼けはどうして厳禁なのか

レーザー脱毛をする場合は日焼けするのは避けなければならず、特に夏場は日差しが強く薄着になるので気をつけなくてはならないです。

しかし、どうしてレーザー脱毛を行う時には日焼けをしてはならないのか、その理由についてをここでは教えます。レーザー脱毛はレーザーを体毛に照射する事で脱毛していますが、その際にはレーザーは体毛のみに照射される訳では無くて周囲の肌にも当たっています。当然安全性の事を考えた上で行われていて肌には危険が無いのですが、体毛のみに効果があるようにしているのはどうしてなのかというと、その秘密はメラニン色素に対して影響があるように考えられているからなのです。

メラニンがレーザーのエネルギーを吸収して発熱し、その熱が体毛を破壊していて肌は反応していないのです。ところが日焼けをした場合はそういう訳には行かなくなってしまいます。日焼けというのは肌を保護するためにメラニンを生成して肌が黒くなっているのであり、そこにレーザーを照射してしまうとメラニン色素の量が増大してしまうせいで体毛だけでは無くて肌までエネルギーを吸収して熱を発生させてしまいます。つまり、日焼けした状態でレーザー脱毛を行ってしまうと大やけどしてしまう可能性があるのです。

日焼けしているかどうかは肌を見ればすぐにわかるので、そういう事が無いように肌を事前にチェックした上で施術可能であるかどうかを判断します。そのためにレーザー脱毛を受ける際にはこの事は知らなくても施術者の方で判断してくれますので誤って大やけどしてしまうという事は無いですが、日焼けしてしまうとその間は施術できなくなってしまうので気をつける必要はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *