脱毛は新宿でするべき
2019年4月3日

レーザー脱毛を利用するときの注意点

レーザー脱毛を利用するときにはいくつかの注意点があります。

レーザー脱毛の契約はエステとは異なり医療契約になるため、クーリングオフの適用対象外であり、原則として途中解約ができません。脱毛範囲が多いと高額になるため、契約前に十分な検討を行います。ただし、途中解約による返金制度を設けている医療機関もあるため、中断する可能性がある場合にはこの制度があり、解約手数料が低めのところを利用すると良いです。

また、利用するときにだけ費用が発生する都度払い制があるところでは、1回あたりの費用では割高になりますが、面倒な手続きを行わずに利用を中止できるので手軽です。レーザー脱毛は毛根にレーザーを吸収させて処理を行う方式であり、毛根がなければ利用しても効果はありません。そのため、毛抜きのような毛根ごと抜く自己処理は脱毛期間中に行ってはいけません。抜いた毛根が戻るには時間がかかるため、脱毛を行う1か月以上前から毛抜きは止めます。

多少の皮膚の黒さであればレーザー脱毛を利用できますが、トラブルにならないように出力が低くなるので効率が落ちます。また、レーザーの吸収量が増えて痛みが強くなります。そのため、日焼けはしない方が良いです。レーザー脱毛は皮膚もダメージを受けており、そのままにしていると衣服に擦れて刺激を受けたり、紫外線を受けるなどして色素沈着が起きる危険性があります。色素沈着が起きないように、施術後は保湿や紫外線対策を行って皮膚を守ります。

新宿でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です