お歳暮と予算について

お歳暮は感謝の意図を季節の贈答としてあらわすものです。

そのため、値段が高いもののほうが、より感謝の意図を伝えるのには適切という考え方もできますが、実際のところは、お歳暮の一つにかける相場というものは、だいたい決まっています。デパートやギフトショップなどでの売れ筋の商品を見ても、お歳暮は3000円程度か、高い場合でもせいぜい5000円程度にとどまるものです。
もちろん、万単位の高額なお歳暮用の商品もディスプレイとしては店頭に置かれていたりもしますが、これはよほど特殊なケースと考えておいたほうがよいでしょう。

そもそも、本来は感謝の気持ちのほうがたいせつであって、品物はメインではありませんので、品物の価格が高いか、安いかで判断してしまうのはナンセンスです。

お歳暮についての情報をお探しの方は必見です。

また、あまりにも高額な品物を受け取ってしまった相手のほうとしても、お返しをしなければならないのではないかといった、余計な気づかいをさせてしまうことにもなりかねません。

そのため、金額としては、やはり一般的で妥当な範囲にとどめるのがよいといえます。



会社や役所などの内部では、こうしたお歳暮にかける金額を職員同士で競争して、過熱化してしまうことを避けるため、あらかじめ、虚礼廃止の申しあわせをしているケースもあります。



なお、この場合でも少額の品物を選んで上司などに贈ることはあるようですが、申しあわせに厳しい会社では、人事課などから明確に禁止されることもありますので要注意です。