バナー

エステの美容脱毛で気になることをチェック

エステサロンで受けられる光脱毛は、体や肌の状態が悪いと施術を断られてしまう可能性があります。
例えば、日焼けしていると施術を受けることができません。

エステの美容脱毛は、光を使います。

光は黒いもの(毛)に反応するという性質を利用して、毛の細胞にやんわりとダメージを与えて処理します。この時、日焼けして肌が黒い状態だと、光が肌の黒色に反応してしまい、毛へのダメージが減ってしまう可能性があります。
それだけではなく、肌の黒色に反応して肌にダメージを与えてしまい、やけどのような状態にしてしまう危険性があります。これを防ぐために、光での美容脱毛のときには日焼けはNGになっています。
これはどこのエステサロンでも同じです。



ちなみに、医療機関受けられるレーザー脱毛でも日焼けはNGです。
万が一日焼けしてしまったら、日焼けがなおるまで施術を受けることはできません。

こうなるとかなり行動が制限されそうですが、小さな傷や虫さされは保護シールを貼れば施術できるので、心配いりません。


ただし、虫さされでも大きくかぶれていたり、炎症が広がって酷い状態になっているときには施術できない可能性が高いです。



美容脱毛はあくまでも健康な体、肌の状態の人に対して施術するのが基本ですから、肌トラブルが起きているときには施術できない可能性がある、と心得ておきましょう。



日焼けに関しては、長袖長ズボンで過ごす、帽子をかぶる、日焼けどめクリームを塗る、などして万全の対策をとっておきましょう。