バナー

美容脱毛とカミソリ処理の負担

自己処理でできる美容脱毛として、カミソリで剃る方法があります。

自分で行うことのできるカミソリでの処理は、リスクとしては何が潜んでいるのでしょう。



脱毛サロンの広告は目にすることがあるものの、自分でできるカミソリ処理は楽ですから、カミソリ処理派の人はいるでしょう。

自己脱毛としても手軽さはトップクラスですが、カミソリ処理はあまりよくないと言われています。
カミソリ処理が美容的にも良くないのは、毛だけではなく、一緒に表皮までダメージが加わるためです。

カミソリ処理での皮膚への負担は、回数を重ねるごとにひどくなります。


美容的に見たら、皮膚に毎回傷をつけることは、やってはならないことです。皮膚のとても弱い人はいますが、弱い敏感肌であれば、カミソリ負けを通り越して毛嚢炎になります。



カミソリ負けをして皮膚には炎症が起きますので、それがひどくなってしまう状態です。



カミソリは表面を毛を一時的にカットする手段ですから、すぐに毛は再生をします。

何回もカミソリ処理を繰り返すこととなるために、炎症もそれに比例して何回も起こります。この何回も炎症を起こすのもひつのリスクになってしまい、この結果が肌の色素沈着となり残ります。

快反り処理による皮膚の負担は、何回も繰り返すことで、改善がかなり大変なレベルに入ってしまいます。
肌の状態に危機感を感じる前に、カミソリ処理は考え直すことです。

脱毛サロンであれば、美容にも良い脱毛を受けられます。