お歳暮を贈る前に知っておくと安心です

お歳暮は日本の風習のひとつで年の暮れる頃に行われる行事です。

お歳暮情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

贈り方には最低限のマナーがあり、それを守ることが大切です。

昔は独立した者が年神様や先祖様への御供え物を本家に贈るというものでしたが、現代では本家以外にも両親や親戚、会社の上司や河野先生などお世話になっている方々に贈る様になりました。

しかし会社や多くの学校ではお歳暮などの行事を禁止している場合もあるため事前にしっかり確認しておくと良いです。
贈る時期は12月の初めから12月31日までとなっています。

地域によって時期の差はありますが、大晦日などは忙しい人も多いことから12月20日頃までには届くように気をつけておくと安心です。


家庭によっては故郷に帰省したり、家族で旅行に出かけるなどのイベントを予定している場合があるからです。


自宅に出向いて届ける時には、忙しい時期を考慮してお邪魔するのが礼儀です。


現代ではお歳暮を購入したデパートなどから送ってもらうこともできるので、12月20日頃までに届く様に配慮して貰いましょう。



高額なお歳暮を贈ってしまうと、贈られた方はとても困ってしまいます。
相場としては3000円から5000円ほどであるため、その範囲内で喜ばれる商品を選びます。



出来る限りその家族の好むようなものや、お歳暮の後に控えているお正月に利用されるものなどを選べば喜ばれます。
お正月に家族で食べられるものや、好みのお酒などを選べば間違いないでしょう。